• ホーム
  • トレチノイン使用で起こる副作用とは

トレチノイン使用で起こる副作用とは

2019年06月26日
肌がきれいな女性

トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、高い美白作用があるという特徴があります。
その美白効果は、ビタミンAの50倍から100倍もある上、美白効果以外にも、古い角質を取り除くピーリング作用、ターンオーバー促進作用、皮脂コントロール作用、肌の弾力再生作用といったアンチエイジング効果もあるため、美肌を目指す人には最適の成分と言えます。
トレチノインはレチノイドの一種であり、ビタミンAとして血液中に微量に含まれる成分であるため、アレルギーなどのトラブルが起きにくいという特徴がありますが、副作用が起こったという報告があるほど強い成分です。
トレチノインを使用すると、肌が荒れたり、赤くなる、乾燥するといったトラブルが起こりますが、これはトレチノインによる効果が出てきた証であって、副作用によるものではありません。
使用を続けていけば徐々に治まっていきますが、肌のターンオーバーは時間がかかるため、すぐに肌が美しくなると思わずに根気よく治療を続けていくことが大切です。
ただあまりにも症状が酷い場合は肌に合っていないことも考えられるので、すぐに使用を中止して医師に相談してください。
トレチノインを使用する上で一番注意しなければならない副作用は、催奇形成です。
催奇形成とは、子宮内の胎児に起こるもので、何らかの奇形を引き起こす可能性があります。
胎児への悪影響を与えてしまう恐れがあるため、妊娠中の方や妊娠の可能性がある方、授乳中の方は使用してはいけません。
他にも、トレチノインを長期使用した高齢男性に死亡率上昇があったという報告もあります。
必ず使用前に医師から使い方や注意点の説明を受けた上で使用するかを決めることが大切です。